自動車の任意保険が必要な4つの理由

車を乗る場合に法律で加入が義務付けられてる自賠責保険があるのになぜ任意保険が必要なのか。
それは簡単に言うと自賠責保険の補償内容がとても限定的だからです。

1. 相手が怪我をした場合の補償限度額が小さい

死亡:3000万円

相手が死亡した場合、その人が本来稼いだであろうお金を今までの収入と平均寿命から計算するため、数億円にのぼる場合があり3000万円ではとても足りません。

後遺障害:75万円~4000万円

半身麻痺、失明、両足切断などその人の残りの人生に影響を与える障害の場合、これもまた本来稼いだであろうお金と慰謝料、これから一生掛かる通院費、介護費などを計算するため、場合によっては数億円になり限度額4000万円では足りません。

傷害:120万円

事故の際の怪我からそれが完治またはこれ以上治らないところまでに掛かった入院費、通院費、治療費と慰謝料などを賠償することになりますが、手術費なども含まれるため、大きな怪我の場合あっという間に120万円を超えてしまい足りません。

2. 自分が怪我をした場合の補償がない

自賠責保険は相手の被害を補償するためのものなので、自分または自分の車に乗っていた搭乗者に対しての補償は何もありません。
自分の怪我の場合、生命保険などを掛けていれば補える場合もありますが、搭乗者は別ですし、搭乗者本人もしくはその親族から賠償請求されることもあります。
請求内容は1の死亡、後遺障害、傷害のように同じなので、これも数億円にのぼる場合があります。

3. 相手の車に対しての補償がない

自賠責保険は相手の被害、それも人間に対しての補償なので、物に対しての補償が何もありません。
相手の車は想像しやすいですが、電柱やガードレールなどの公共物、それからお店なども含まれます。
駐車場でアクセルとブレーキを踏み間違えてコンビニに突っ込んだりした場合、お店の修繕費用だけでなく、その間に営業できなかったことに対する利益損失までも補償しなくてはいけないため数百万円から数千万円になる場合もあります。
コンビニでこれですから、指輪や高級腕時計店の場合数億円も考えられます。

4. 自分の車に対しての補償がない

これも同じですね。自賠責は自分に対しての補償が何もないので、当然自分の車の補償はありません。

まとめ

事故でおきる損害は様々なものがあるのに対し、自賠責保険は相手の身体に関わる部分のみを限定的に補償するものなので充分な保険とは言えません。

それなのに任意保険の加入率は73%で約3割の人が加入していません。
恐ろしいですね…