駐車・停車中の車にバイクが衝突した事故の過失割合

道路で駐車もしくは停車している車にバイクが衝突した接触事故の過失割合について解説します。

道路で駐車もしくは停車している車にバイクが衝突した接触事故

基本になる過失割合

交通事故の過失割合は事故のパターンによって基本的な過失割合が決まっています。

この場合はバイクの過失が100%、車の過失が0%です。

ここに事故の細かな要素を追加して最終的な過失割合を計算します。

過失修正要素

  • 視認不良…… -20%
  • 駐停車禁止場所…… -10%
  • 駐停車方法不適切…… -10%~-20%
  • 非常点滅灯等の不灯火等…… -10%~-20%
  • 車の退避不能…… +10%
  • 車の著しい過失…… -10%
  • 車の重過失…… -20%
  • バイクの15キロ以上の速度違反…… +10%
  • バイクの30キロ以上の速度違反…… +20%
  • バイクの著しい過失…… +10%
  • バイクの重過失…… +20%

バイクから見た修正割合です。

用語解説

視認不良
雨、霧、夜間で街灯がなく暗い場所など視認することが容易でない場合
駐停車禁止場所
駐停車禁止の標識があるところだけでなく、トンネルやカーブ、坂道なども含まれます
退避不能
故障などにより、やむを得ず車を停車する場合でも出来るだけ道路のわきなど、交通の妨げにならない場所に移動させて止めなければならないですが、事故の内容によっては退避できないため
著しい過失
携帯電話使用などの軽めの違反
重過失
無免許運転のような重い違反

直線道路で駐停車禁止場所に停車している車にバイクが衝突した場合。

基本の過失割合は100:0。駐停車禁止場所なので-10%

100% – 10% = 90%

でバイクの過失が90%、車の過失が10%になります。