事故があったことを証明する交通事故証明書のもらい方

事故があった際に保険会社から保険金を受け取るには、警察が発行している「交通事故証明書」が必要になります。
これはいついつどこでどのような事故があったかを証明するものです。

これのもらい方は警察署や交番においてある「交通事故証明書交付申請書」に必要事項を記入して自動車安全運転センターに郵送します。
記入内容は

  • 事故の種類:人身事故もしくは物損事故
  • 発生日時
  • 発生場所
  • 取り扱い警察署
  • 当事者の氏名と性別
  • 当事者への連絡先
  • 何通発行してもらうか

になります。
この何通発行してもらうかですが、通常は保険会社に提出する1通だけでもよさそうですが、後々の裁判なども見越して複数あってもいいかもしれません。

また、物損事故でも後からむちうちなどの症状が出る場合があります。その場合は警察署に届け出て人身事故に変更することが必要です。

警察に通報しなかった場合

事故がおきた時に警察に通報していないと交通事故証明書は発行してもらえません。
こうなると事故が起きたことを証明できないため保険会社から保険金を受け取ることが非常に困難になります。