広い道の自転車右折と狭い道の車直進の過失割合2通り

信号の無い交差点で広い道を走っている自転車が右折して、狭い道から直進してきた車とが接触した事故の場合の過失割合について解説します。

これには自転車の右折が車から見て、右側から合流する形と、左側から対向車線に入る2パターンがあり、基本となる過失割合に違いがあります。

右側から合流する右折

広い道を走っている自転車が右折して、狭い道から直進してきた車とが接触した事故(右側から合流する右折)

この場合は自転車の過失が30%、車の過失が70%です。

左側から対向車線に入る右折

広い道を走っている自転車が右折して、狭い道から直進してきた車とが接触した事故(左側から対向車線に入る右折)

この場合は自転車の過失が20%、車の過失が80%です。

ここに事故の細かな要素を追加して最終的な過失割合を計算します。

過失修正要素

  • 車の徐行無し…… -5%
  • 車の15キロ以上の速度違反…… -10%
  • 車の30キロ以上の速度違反…… -20%
  • 車の著しい過失…… -10%
  • 車の重過失…… -20%
  • 自転車の明らかな先入…… -5%
  • 自転車の運転者が児童・高齢者…… -5%
  • 自転車の著しい過失…… +5%
  • 自転車の重過失…… +10%

用語解説

著しい過失
携帯電話使用などの軽めの違反
重過失
無免許運転のような重い違反

信号の無い交差点で広い道を走っている自転車が右折して、狭い道から直進してきた車とが接触した事故(左側から対向車線に入る右折)で、自転車に乗っていたのが高齢者で、車が15キロオーバーの場合。

基本の過失割合が20:80。15キロオーバーで-10%、高齢者で-5%

20% – 10% – 5% = 5%

で自転車の過失が5%、車の過失が95%になります。