車の左折で内側の直進自転車巻き込みの過失割合2通り

交差点で車が左折する際に内側にいた直進中の自転車を巻き込んでしまった事故の過失割合について解説します。

これには初めから自転車よりも車のほうが前にいる状態での巻き込みと、自転車を追い越してからする巻き込みの2種類有り、過失割合に違いがあります。

自転車よりも車のほうが前にいる状態での巻き込み

自転車よりも車のほうが前にいる状態での巻き込み

この場合は自転車の過失が10%、車の過失が90%です。

自転車を追い越してからする巻き込み

自転車を追い越してからする巻き込み

この場合は自転車の過失が0%、車の過失が100%です。

ここに事故の細かな要素を追加して最終的な過失割合を計算します。

過失修正要素

  • 車の指示器表示遅れ…… -5%
  • 車の指示器表示無し…… -10%
  • 車の大回り左折…… -10%
  • 車の著しい過失…… -5%
  • 車の重過失…… -10%
  • 自転車の自転車横断帯通行…… -5%
  • 自転車の運転者が児童・高齢者…… -5%
  • 自転車の著しい過失…… +5%
  • 自転車の重過失…… +10%

用語解説

大回り左折
一度右に膨らんでからする左折
著しい過失
携帯電話使用などの軽めの違反
重過失
無免許運転のような重い違反

交差点で車が左折する際に内側にいた高齢者の乗っている自転車を巻き込んでしまった場合。

基本の過失割合が10:90。高齢者で-5%

10% – 5% = 5%

で自転車の過失が5%、車の過失が95%になります。