歩行者用信号に従う自転車直進と車右左折の過失割合2通り

歩行者用の信号機がある交差点で、横断歩道上を直進する自転車と右折または左折する車との接触事故の過失割合について解説します。

歩行者用の信号機がある交差点で、横断歩道上を直進する自転車と右折または左折する車との接触事故

基本になる過失割合

交通事故の過失割合は事故のパターンによって基本的な過失割合が決まっています。

ポイントは交差点に入ったときの信号の色です。

自転車進入 車進入 自転車過失 車過失
10 90
60 40
  • 自転車は青で進入、車は青で進入…… 自転車10%、車90%
  • 自転車は赤で進入、車は青で進入…… 自転車60%、車40%

これに事故の細かな状況を考慮する過失修正要素を追加して最終的な過失割合をだします。

過失修正要素

  • 夜間…… +5%
  • 車の徐行無し…… -5%
  • 車の著しい過失…… -10%
  • 車の重過失…… -20%
  • 自転車の自転車横断帯通行…… -5%
  • 自転車の運転者が児童・高齢者…… -10%
  • 自転車の著しい過失…… +5%
  • 自転車の重過失…… +10%

用語解説

著しい過失
携帯電話使用などの軽めの違反
重過失
無免許運転のような重い違反

歩行者用の信号機がある交差点で横断歩道上を自転車が直進中、左折してきた車と衝突した接触事故で、自転車は信号が赤色の時に進入、車は青で進入、自転車の運転手は高齢者、車は携帯電話使用していた場合。

基本の過失割合が60:40。高齢者で-10%、車の著しい過失で-10%

60% – 10% – 10% = 40%

で自転車の過失が40%、車の過失が60%になります。