右側通行している自転車と車との正面衝突の過失割合

直線道路の右側を走っている自転車と正面から来た車とが衝突した場合の過失割合について解説します。

直線道路の右側を走っている自転車と正面から来た車とが衝突

基本になる過失割合

交通事故の過失割合は事故のパターンによって基本的な過失割合が決まっています。

この場合は自転車の過失が20%、車の過失が80%です。

ここに事故の細かな要素を追加して最終的な過失割合を計算します。

過失修正要素

  • 車の前方不注視…… -15%
  • 車の著しい前方不注視…… -30%
  • 車の著しい過失…… -10%
  • 車の重過失…… -20%
  • 自転車のふらふら走行…… +10%
  • 自転車の運転者が児童・高齢者…… -10%
  • 自転車の著しい過失…… +10%
  • 自転車の重過失…… +20%

自転車から見た修正割合です。

用語解説

著しい前方不注視等
この「著しい」の部分は、衝突するまで気付かず何の回避措置もとらなかった場合「著しい」になるようです。
著しい過失
携帯電話使用などの軽めの違反
重過失
無免許運転のような重い違反

直線道路の左側と右側をふらふらと大きく行ったり来たりしながら走っている自転車と正面から来た車とが衝突した場合。

基本の過失割合は20:80。ふらふら走行で+10%

20% + 10% = 30%

で自転車の過失が30%、車の過失が70%になります。