直線道路を直進している車と横断している自転車との接触事故の過失割合

直線道路を直進している車と、道路の端から端へ横断している自転車が衝突した接触事故の過失割合について解説します。

直線道路を直進している車と、道路の端から端へ横断している自転車が衝突した接触事故

基本になる過失割合

交通事故の過失割合は事故のパターンによって基本的な過失割合が決まっています。

この場合は自転車の過失が30%、車の過失が70%です。

ここに事故の細かな要素を追加して最終的な過失割合を計算します。

過失修正要素

  • 夜間…… +5%
  • 幹線道路…… +10%
  • 車の著しい過失…… -10%
  • 車の重過失…… -20%
  • 自転車の横断歩道通行…… -15%
  • 自転車の自転車横断帯通行…… -20%
  • 自転車の直前直後横断…… +10%
  • 自転車の運転者が児童・高齢者…… -10%
  • 自転車の著しい過失…… +10%
  • 自転車の重過失…… +20%

自転車から見た修正割合です。

用語解説

幹線道路
歩道と車道の区別があり、車道幅が14メートル以上で対向車とのすれ違いに減速が必要ないような広い道路
著しい過失
携帯電話使用などの軽めの違反
重過失
無免許運転のような重い違反

夜間に幹線道路を走行中の車と、横断歩道の無い場所を横断中の自転車とが衝突した事故で、車の運転手は携帯電話を使用中に衝突、自転車に乗っていたのは高齢者でライトをつけていなかった場合。

基本の過失割合は30:70。幹線道路で+10%、夜間に無灯火で+5%と+10%、高齢者で-10%、携帯電話を使用から著しい過失で-10%

30% + 10% + 5% + 10% – 10% – 10% = 35%

で自転車の過失が35%、車の過失が65%になります。