信号が無い交差点で直進車同士の接触事故の過失割合3通り

信号機が設置されていなく、交差する2つの道の幅に差の無い交差点で、直進車同士が衝突した接触事故の過失割合について解説します。

信号機が設置されていなく、交差する2つの道の幅に差の無い交差点で、直進車同士が衝突した接触事故

基本になる過失割合

交通事故の過失割合は事故のパターンによって基本的な過失割合が決まっていて、このケースでは交差点に入る際に減速したかどうかで、3パターンに分かれます。

  • 車Aは減速、車Bは減速せず…… 車A60%、車B40%
  • 車Aは減速せず、車Bは減速…… 車A20%、車B80%
  • 車Aと車Bの両方が減速または減速せず…… 車A60%、車B40%

なぜ車AとBとで過失割合が公平でないかというと、道交法には「左方優先の原則」というものがあり、交差点では左側の道にいる方が優先されるからです。

ここに事故の細かな要素を追加して最終的な過失割合を計算します。

過失修正要素

  • 夜間…… +5%
  • 見通しのいい交差点…… +10%
  • 車Bが大型車…… -5%
  • 車Bの著しい過失…… -10%
  • 車Bの重過失…… -20%
  • 車Aが大型車…… +5%
  • 車Aの著しい過失…… +10%
  • 車Aの重過失…… +20%

車Aから見た修正割合です。

用語解説

著しい過失
携帯電話使用などの軽めの違反
重過失
無免許運転のような重い違反

夜間、信号の無い交差点で車Aと左側の道路の直進の車Bが衝突した事故で、車Aが減速、車Bが減速せず大型車だった場合。

基本の過失割合は60:40。夜間で+5%、車Bが大型車で-5%

60% + 5% – 5% = 60%

で車Aの過失が60%、車Bの過失が40%になります。