傷害事故の慰謝料の計算方法

傷害事故の慰謝料は事故によってでた金銭的被害以外の肉体的、精神的苦痛に対しての補償です。死亡事故と同じで「被害者の事情」と「加害者の事情」を考慮して、総合的に判断します。ただ死亡事故と違う点は後遺障害がある場合、その傷害の重さで慰謝料の額も変わる点です。

後遺障害がない場合

完治するまでにかかった期間を元に計算します。
1ヶ月程度ならば50万~
1年以上の場合最大350万円です。
これはあくまで目安なので実際はここから増減します。

後遺障害がある場合

後遺障害にはその障害の重さによって「等級」というランクがあり、それによって慰謝料のだいたいの目安があります。

等級 弁護士会の基準 自賠責保険の基準
1級 2,500万円~3,000万円 1,050万円
2級 2,100万円~2,500万円 918万円
3級 1,700万円~2,100万円 797万円
4級 1,450万円~1,700万円 687万円
5級 1,250万円~1,450万円 580万円
6級 1,050万円~1,250万円 484万円
7級 880万円~1,020万円 399万円
8級 730万円~850万円 317万円
9級 600万円~680万円 241万円
10級 470万円~550万円 184万円
11級 350万円~420万円 134万円
12級 240万円~300万円 92万円
13級 150万円~190万円 57万円
14級 80万円~110万円 32万円

また、重度の障害の場合、弁護士会の基準では親族にも慰謝料が認められています。
自賠責保険の基準では被害者に扶養家族がいる場合認められます。

1級 1,250万円
2級 1,088万円
3級 941万円

まとめ

死亡事故と同じように自賠責基準と弁護士会基準では2倍程度の違いが有り、任意保険会社はこの自賠責基準で提示してくることが多いため、ちゃんと弁護士会基準をこちらから提示して交渉しましょう。

死亡事故の慰謝料の計算方法