物損事故の2つの損害賠償

事故による負傷者がいない物損事故の場合、車の修理代や代車代などの損害がありますが、大きく分けると2つに分類されます。

  • 積極損害
  • 消極損害

積極損害

これは被害者が事故によって支出を余儀なくされたものです。
物損事故の場合はまず車です。

修理可能な場合

  • 修理費
  • 評価損

評価損とは事故によって下がった車の価値のことです。どんなに綺麗に修理しても車の価値は下がってしまうので。

関連:事故によって下がった車の価値をどう計算するか

修理不可能な場合

損害額は事故にあう直前の時価になります。たとえ新車で購入していても被害者が一度使用しているため中古価格になります。

代車代

修理が終わるまでの代車代、新しく買い換えるまでの代車代。

その他

車以外でいうと「電柱なの公共物」や「建物」など様々なもの考えられます。
他にも事故現場の後片付け費用。車に積んでいる荷物もそうですね。

関連:事故の時に車に積んでいた荷物の損害も請求できるのか

消極損害

これは事故によって得られなくなった収益のことです。

営業車の場合は代車では替えが聞かない場合もあるので、営業できない分の損害がこれにあたります。
これを休車損といいます。

また、お店などを破壊した場合、修理工事をして営業を再開できるまでの期間の営業損害もこれに含まれます。

慰謝料は認められるか?

認められません。取替えのきかない大切なものを失ったことに対しての精神的苦痛として慰謝料が請求されたりしますが、裁判で認められた事例はありません。

物損事故では自賠責保険がきかない

自賠責保険は被害者の身体に関する損害を最低限補償するものなので、自賠責保険では保険金がおりません。
なので任意保険に入っていない場合、実費になり最悪財産を差し押さえられます。

まとめ

損害は数億円にのぼることもあるので、任意保険には必ず入りましょう。

関連:人身事故の3つの損害賠償