あらかじめ曲がる方向によれない右左折車と後続車の接触事故の過失割合

交差点で曲がる時はあらかじめ曲がる方向に車を寄せてから曲がりますが、道路の状況によっては寄せることが出来ない時があります。その場合の右左折車と後続車との接触事故の過失割合について解説します。

あらかじめ曲がる方向によれない右左折車と後続車の接触事故

基本になる過失割合

交通事故の過失割合は事故のパターンによって基本的な過失割合が決まっています。

この場合は車Aの過失が60%、車Bの過失が40%です。

ここに事故の細かな要素を追加して最終的な過失割合を計算します。

過失修正要素

  • 車Bの15キロ以上の速度違反…… -10%
  • 車Bの30キロ以上の速度違反…… -20%
  • 車Bの著しい過失…… -10%
  • 車Bの重過失…… -20%
  • 車Aの徐行無し…… +10%
  • 車Aの指示器表示無し…… +20%
  • 車Aの指示器表示遅れ…… +10%
  • 車Aの直近右左折…… +20%
  • 車Aの著しい過失…… +10%
  • 車Aの重過失…… +20%

車Aから見た修正割合です。

用語解説

著しい過失
携帯電話使用などの軽めの違反
重過失
無免許運転のような重い違反

あらかじめ中央によって右折することが困難な交差点で右折しようとした車Aと、後続車Bとが衝突した接触事故で、車Aが指示器表示無し、車Bが15キロオーバーだった場合。

基本の過失割合は60:40。車Aが指示器表示無しで+20%、15キロオーバーで-10%

60% + 20% – 10% = 70%

で車Aの過失が70%、車Bの過失が30%になります。