進路変更による車同士の接触事故の過失割合

車線が複数ある直線道路で進路変更の際に他の車と接触した事故の過失割合について解説します。

進路変更による車同士の接触事故

基本になる過失割合

交通事故の過失割合は事故のパターンによって基本的な過失割合が決まっています。

この場合は車Aの過失が30%、車Bの過失が70%です。

ここに事故の細かな要素を追加して最終的な過失割合を計算します。

過失修正要素

  • 進路変更禁止場所…… -20%
  • 車Bの指示器表示なし…… -20%
  • 車Bの著しい過失…… -10%
  • 車Bの重過失…… -20%
  • 車Aのゼブラゾーン進行…… +10%
  • 車Aの15キロ以上の速度違反…… +10%
  • 車Aの30キロ以上の速度違反…… +20%
  • 車Aの著しい過失…… +10%
  • 車Aの重過失…… +20%

車Aから見た修正割合です。

用語解説

著しい過失
携帯電話使用などの軽めの違反
重過失
無免許運転のような重い違反

片側2車線の直線道路で左側を走っていた車Bが追い越し車線に進路変更する際に、追い越し車線を15キロオーバーで走行していた車Aと衝突した接触事故の場合。

基本の過失割合は30:70。15キロオーバーで+10%

30% + 10% = 40%

で車Aの過失が40%、車Bの過失が60%になります。