急ブレーキによる車同士の追突事故の過失割合

直線道路で前方の車が急ブレーキしたために後続の車が追突した事故の過失割合について解説します。

急ブレーキによる車同士の追突事故

基本になる過失割合

交通事故の過失割合は事故のパターンによって基本的な過失割合が決まっています。

この場合は車Aの過失が0%、車Bの過失が100%です。

後続車は適切な車間距離を開ける必要があり、追突したという時点で適切な車間距離ではないということになります。また、わざと急ブレーキをし、追突した後続車に多額の損害賠償をふっかけるような詐欺が横行したため、その様な理由の無い急ブレーキの場合は車Aの過失が30%、車Bの過失が70%になります。

そして、ここに事故の細かな要素を追加して最終的な過失割合を計算します。

過失修正要素

  • 住宅街・商店街…… -10%
  • 車Bの15キロ以上の速度違反…… -10%
  • 車Bの30キロ以上の速度違反…… -20%
  • 車Bの著しい過失…… -10%
  • 車Bの重過失…… -20%
  • 車Aのブレーキランプ故障…… +10%
  • 車Aの著しい過失…… +10%
  • 車Aの重過失…… +20%

車Aから見た修正割合です。

用語解説

著しい過失
携帯電話使用などの軽めの違反
重過失
無免許運転のような重い違反

直線道路で走行中に急ブレーキした車Aに後続車の車Bが追突し、車Aのブレーキランプが故障していて点灯していなかった場合。

基本の過失割合は0:100。ブレーキランプ故障で+10%

0% + 10% = 10%

で車Aの過失が10%、車Bの過失が90%になります。