内縁の妻でも事故で死んだ夫の損害賠償請求ができる

交通事故で人が死んだ場合、加害者に対して損害賠償請求できるのは、被害者の配偶者、子供、両親になりますが、内縁の夫婦の場合、婚姻届を提出していないわけですから配偶者として認められず、損害賠償請求ができないように思われますが、実際は可能です。

ただ普通の夫婦の場合と違う点は逸失利益(いっしつりえき)の扱いです。
逸失利益とは被害者が生きていた場合、仕事をして将来得られたであろう収入のことですが、通常の場合、それを妻が相続するというかたちで賠償請求します。しかし内縁の夫婦の場合、正式な配偶者でないため相続が認められません。

そこで相続ではなく扶養請求権の侵害というかたちをとります。内縁の妻の場合、婚姻届を出していないだけで一緒に生活し夫の収入によって生計をたてているわけですから、それが立証できれば扶養利益の損害として請求出来ます。

ただ愛人のように共同生活をしていない場合認められません。内縁の妻なのか愛人なのかを判別する場合、共同生活の長さが焦点になるようです。

また、こうした内縁の夫婦の損害賠償は、通常の夫婦に比べ、裁判で認められる賠償額が少ない傾向にあるようです。