交通事故の損害賠償で医療費はどこまで認められるか

事故により負傷し、そのための治療費として検査費、手術費、入院費など色々なものがありますが、損害賠償請求の際にどこまで認められるのでしょうか?

基本的に医師の指示があるものでかつ健康保険がきくものになります。
針治療、お灸、マッサージなども症状によっては健康保険がきくのでこれに含まれます。

これに対し、医学的に必要性のない過剰診療、必要以上にていねいに診療する濃厚診療、一般的な常識をこえる高額診療などの医療費は裁判になった際に費用の一部しか認められないことが多いようです。

医学的な必要性

これは個々の医師の判断になりますが、任意保険会社にはたいてい会社おかかえの医師が存在し、裁判になった際にこの医師に「医学的な必要性がない」といった意見書を書かせて裁判を有利に進めることがあります。
その場合、こちらも実際に治療にあたった医師に意見書を書いてもらわないといけませんので、治療して貰う医師にはしっかりとした人を選びましょう。
どこか頼りなさそうだったり、少しでも不信感を感じた場合は別の病院に行くことをオススメします。

温泉治療

これは医師の指示のもと、医療施設にある温泉しか認められません。勝手に観光地の温泉に行っても医療費にはならないので注意しましょう。