交通事故の賠償における通院交通費は電車とバスが基本

交通事故の被害者になり、ケガをして病院に通わなくてはならなくなったとき、この際の交通費は後から加害者に請求することになりますが、認められるのは基本的に電車とバスのみです。

被害者によってはわざとタクシーを使用して加害者に高額な交通費を要求することがありますが、加害者が認めてくれればいいですが、裁判で争うことになった場合、認められることはあまりありません。

交通費は「社会通念上必要かつ妥当な実費」と定義されていて、要するに常識の範囲内なら認めるということになります。タクシーでもそこに正当な理由があれば問題ありません。過去の判例でも膝の関節を痛めた被害者に対してタクシー代を認めたものもあります。

また、自家用車を使用する場合はガソリン代や駐車場代が認められます。