事故の賠償における葬儀関係の費用は130~170万円

交通事故で被害者が亡くなった場合、お葬式をすることになりますが、この費用も加害者に対して請求することが可能です。

葬儀関係の費用として認められるのは

  • 通夜・葬式にかかった費用
  • 49日法要の費用
  • 仏壇購入費
  • お墓建設費

になり、香典返しの費用は認められません。

また金額に関してもある程度の定額化されていて、自賠責保険の基準では60万円、弁護士会の基準では130万円~170万円になり、任意保険会社は自賠責保険基準の60万円で提示してきますが、それ以上かかった場合は弁護士会基準を上限に請求しましょう。