交通事故でサラリーマンの休業損害の計算方法

交通事故にあい、ケガをして入院したり通院したりして会社に行けなかった場合、それにより下がった所得は加害者に請求することができます。これを休業損害と言います。

その計算方法は事故前の3ヶ月間の収入により求めます。

3ヶ月間の収入 ÷ 90日 × 休業日数 = 休業損害

また、長期間休業したために昇格できなかったりした分の金額も請求できます。

役員の役員報酬

休業損害において役員の役員報酬は認められません。役員の給料は「労働による対価」と「会社利益の配当」に分けられ、役員報酬は「会社利益の配当」にあたり、事故によって働けなくなったことによる損害には当たらないためです。

自賠責保険の基準

自賠責保険の休業損害の扱いは、被害者の所得関係なく基本的に1日あたり5,700円とされていて、あきらかにこれより高いと証明できる場合は19,000円まで補償されます。