交通事故で自営業の人の休業損害の計算方法

交通事故にあい、ケガをして入院したり通院したりして働けなくなり、それにより下がった所得は加害者に請求することができます。

その計算方法は前年度の確定申告により求めます。

申告した所得 ÷ 365日 × 休業日数 = 休業損害

これは純利益で計算していますが、会社の家賃など、休業していてもかかる固定経費も請求することが可能です。

また、所得が年度によって安定しないこともあるので、その場合は前年度だけでなくここ数年の平均値を元に計算します。

確定申告をしていなかった場合

前年度に確定申告をしていなかった場合でも、銀行口座などから所得を証明することが出来れば請求することが可能です。ただ、申告していない分の追徴課税はとられるでしょうが…

また、申告している額が平均賃金を下回る場合は、平均賃金で請求することが可能です。これには賃金センサス(年賃金構造基本統計調査)というものがあり業種と年齢によっての平均賃金の一覧表です。これを元に請求します。

参考:賃金構造基本統計調査 結果の概要|厚生労働省