交通事故での専業主婦の休業損害の計算方法

専業主婦の場合、所得を得ていないわけですが、家事労働をしているので、事故にあってこれが出来ない場合、損害として加害者に請求することが可能です。

その場合の計算方法は平均賃金を元に計算します。

平均賃金 ÷ 365日 × 休業日数 = 休業損害

パートをしていた場合

パートをしていた場合でも、この平均賃金を元に計算した額に加算して請求することはできません。「家事+パート」ですから可能なように思えますが、所得が具体的に分からない場合は平均賃金で計算するという考え方のようです。

ですのでパートによりこの平均賃金を上回る場合はその金額で請求できますが、そうなると専業主婦ではないですね…

家政婦を利用した場合

家事が出来ない分、家政婦を利用した場合はその実費を請求することが出来ますが、これも「社会通念上必要かつ妥当な実費」というように、常識の範囲内での金額になります。

男性の専業主夫の場合

男性が専業主夫をしていても、計算方法は同じです。

保険会社が提示する額

任意保険会社が提示する額は1日あたり5,700円であることが多いようですが、これは自賠責保険の基準です。平均賃金で計算するとだいたい9,000円を超えるのでちゃんと交渉しましょう。