保険会社が評価損を払ってくれない

はい。非常に残念なことですが保険会社が評価損(事故により下がった車の価値)を補償してくれないが場合があります。
そもそも保険会社にとって補償するというのは支出なんですね。

1996年にそれまで一定だった保険料が自由化になり、海外の保険会社が日本に参入し、その結果激しい価格競争が始まりました。
入ってくる保険料が少なくなる訳ですから、出て行く方をおさえないと利益が出ませんよね?
そうして保険会社が「払い渋り」するようになったのです。

評価損の査定基準が曖昧なことを理由に

  • 新車じゃないと認めない
  • 走行距離が長いと認めない

と言われます。
確かに中古車や走行距離の長い車の場合、事故でどの程度価値が下がったか分かりません。
裁判の判例も色々で被害者の訴えが認められなかった場合もあります。

しかし何もせずに泣き寝入りするのもシャクですし、カーセンサーnetなどの中古車情報サイトで自分の車と同じような車の「修復履歴あり」と「修復履歴なし」の価格を調べたりして交渉することをオススメします。
それでも駄目な場合は裁判するしかありませんが、数十万円でするのも割に合いませんし、過去の判例もベンツやBMWなどの高級車で評価損が100万円以上のものが多いです…