後遺障害に対しての自賠責保険の保険金14種類

交通事故で負傷し後遺障害が残った場合、その際におりる自賠責保険の保険金は等級に応じて支払われます。
等級とは後遺障害を障害の重さで1級~14級にクラス分けしたものです。

自賠責保険の等級別保険金表

1級 3,000万円
2級 2,590万円
3級 2,219万円
4級 1,889万円
5級 1,574万円
6級 1,296万円
7級 1,051万円
8級 819万円
9級 616万円
10級 461万円
11級 331万円
12級 224万円
13級 139万円
14級 75万円

介護が必要な後遺障害の場合

寝たきりになったりと介護が必要な後遺障害の場合、保険金も少し金額が上がります。

1級 4,000万円
2級 3,000万円

補足

以上はあくまで自賠責保険の金額です。自賠責保険は被害者を最低限補償するための強制加入保険なので実際はもう少し高額な金額を請求して加害者の任意保険から払ってもらいます。

後遺障害に対しての賠償金は、慰謝料とその障害によって得ることができなくなった将来の収入の逸失利益の合計で請求しますが、これは場合によって数億円になり、自賠責の補償額を超える分は加害者の任意保険がカバーすることになります。

もし加害者が任意保険に加入していなかったり、任意保険の補償限度額を低く設定していて、保証しきれない場合は加害者本人から補償してもらうことになりますが、加害者に支払い能力が無い場合、泣き寝入りすることになりかねません。

そのため任意保険には「無保険車保険」というものがあり、相手が任意保険に入っていない場合、この保険を使って自分の任意保険会社から補償してもらえます。ですので自分の任意保険には無保険車保険もつけておきましょう。

また、この場合は任意保険会社が加害者に対してこの分の賠償金を請求するかたちになります。そして任意保険に入っていないことにより相手に充分な賠償が出来ない加害者は刑罰が重くなります。任意保険の加入率は73%です。自分が加害者になることも考えて任意保険にはしっかりと入りましょう。