むちうちの後遺障害等級は12級と14級がほとんど

交通事故の後遺症としてむちうちはよくあるものです。衝撃によって首を捻挫する「頚椎捻挫(けいついねんざ)」の俗称で、症状は頭痛、頸部痛、などの神経症状が一般的です。後遺障害の重さをあらわす等級では7級、9級、12級、14級のどれかに該当しますが、実際には12級と14級と判断されることが多いようです。

むちうちが該当する等級表の症例

7級 神経系統の機能または精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
9級 神経系統の機能または精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に限定されるもの
12級 局部に頑固な神経症状を残すもの
14級 局部に神経症状を残すもの

こうみると表現が非常にあいまいですね。「相当な程度」や「頑固」など具体性に欠けます。実際にはMRI画像などで症状が確認できるものは12級、それ以外が14級とされることが多いようです。

14級すらも該当しないことも

むちうちは外見的に症状をとらえることが難しいので、なかには何もないのに症状を偽って保険金をだまし取ろうとする被害者もいます。こういう「言ったもん勝ち」が成立しないように被害者の証言だけでなく、事後が起きた時の車のスピードや通院実績、症状の一貫性などを考慮して判断されるため、実際に症状があるにもかかわらず後遺障害と認められないこともあります。

そうならなように事故車の破損個所を写真に撮ったり、少しの痛みだからと我慢せずこまめに病院に通いましょう。等級認定には担当した医師の診断書も必要なので、あまり熱心に診断書を書いてくれない医師の場合は転院もおすすめです。