逸失利益計算のためのライプニッツ係数

逸失利益は将来得ることができたであろう収入のため、これを損害賠償として今受け取ることになるので発生したはずの金利分を引くべきだという考え方があります。

たとえば100万円対して金利が5%ついた場合、10年後には162万円になるので、10年後に162万円になる元のお金の100万円を今受け取るという考え方です。

ライプニッツ係数はこの金利控除の計算を簡単にするもので、就労可能年数に応じたライプニッツ係数をかけることで逸失利益が計算できます。

18歳未満の場合

年齢 就労可能年数 ライプニッツ係数
0 49 7.549
1 49 7.927
2 49 8.323
3 49 8.739
4 49 9.176
5 49 9.635
6 49 10.117
7 49 10.623
8 49 11.154
9 49 11.712
10 49 12.297
11 49 12.912
12 49 13.558
13 49 14.236
14 49 14.947
15 49 15.695
16 49 16.480
17 49 17.304

18歳から働くということで就労可能年数は同じ49年になります。

18歳以上の場合

年齢 就労可能年数 ライプニッツ係数
18 49 18.169
19 48 18.077
20 47 17.981
21 46 17.88
22 45 17.774
23 44 17.663
24 43 17.546
25 42 17.423
26 41 17.294
27 40 17.159
28 39 17.017
29 38 16.868
30 37 16.711
31 36 16.547
32 35 16.374
33 34 16.193
34 33 16.003
35 32 15.803
36 31 15.593
37 30 15.372
38 29 15.141
39 28 14.898
40 27 14.643
41 26 14.375
42 25 14.094
43 24 13.799
44 23 13.489
45 22 13.163
46 21 12.821
47 20 12.462
48 19 12.085
49 18 11.69
50 17 11.274
51 16 10.838
52 15 10.38
53 14 9.899
54 14 9.899
55 14 9.899
56 13 9.394
57 13 9.394
58 12 8.863
59 12 8.863
60 12 8.863
61 11 8.306
62 11 8.306
63 10 7.722
64 10 7.722
65 10 7.722
66 9 7.108
67 9 7.108
68 8 6.463
69 8 6.463
70 8 6.463
71 7 5.786
72 7 5.786
73 7 5.786
74 6 5.076
75 6 5.076
76 6 5.076
77 5 4.329
78 5 4.329
79 5 4.329
80 5 4.329
81 4 3.546
82 4 3.546
83 4 3.546
84 4 3.546
85 3 2.723
86 3 2.723
87 3 2.723
88 3 2.723
89 3 2.723
90 3 2.723
91 2 1.859
92 2 1.859
93 2 1.859
94 2 1.859
95 2 1.859
96 2 1.859
97 2 1.859
98 2 1.859
99 2 1.859
100 2 1.859
101 1 0.952

55歳以上は平均余命年数の2分の1になります。