死亡事故での子供や学生の逸失利益の計算方法

交通事故により、子供や学生がなくなった場合、遺族は加害者に対して損害賠償請求しますが、慰謝料の他に逸失利益も請求すると思います。

逸失利益(いっしつ利益)とは、事故が起きなければ将来得ることができた収入のことで、子供や学生の場合まだ働いていないので平均賃金をもとに計算します。

基本公式は

被害者の年収 × (1 – 生活費控除率) × ライプニッツ係数

です。

被害者の年収

平均賃金は一覧表になっている賃金センサスというものを使用します。

賃金センサスを男女別年齢別で見やすくしたもの

学生でも内定が決まっていたりする場合は、その会社の給料で計算します。また女性の平均賃金は男性とでは格差がありますが、昔に比べ女性が社会進出していることもあり、今後女性の平均賃金も上がるだろうと、男女計の平均賃金が認められた判例もあります。

生活費控除率

死亡事故の場合、被害者は亡くなっているわけですから、酷な話その後の生活費が必要ありませんのでそれを引きます。ですので被害者の損害というより、被害者が亡くなったことによる遺族の損害という考え方のようです。

この控除率は被害者の家族内での立場や扶養家族の人数によって決まります。

一家の支柱(稼ぎ手) 30~40%
女子(主婦・女児) 30~40%
男子単身者(男児) 50%
扶養家族なし 50%
扶養家族が1人 40%
扶養家族が2人 35%
扶養家族が3人以上 30%

子供や学生の場合扶養される側ですね。

ライプニッツ係数

逸失利益の賠償は将来入ってくるはずだったお金を今受け取ることになるため、その間に発生するであろう金利を引くことになります。

たとえば100万円を年利5%で運用した場合、10年後には162万円になるので、10年後に162万円になるお金の100万円を今受け取るという考え方です。

ライプニッツ係数とはこの金利控除の計算を簡単にするもので、就労可能年数に応じたライプニッツ係数をかけることで逸失利益が計算できます。

具体的な数値:逸失利益計算のためのライプニッツ係数

計算例

事故により男子大学生が20歳でなくなった場合、男性の平均賃金は526万7600円で生活費控除率は50%、ライプニッツ係数は17.981になり

526万7600円 × (1 – 0.50) × 17.981 = 4,735万8,359円

になります。

また平均賃金を求める賃金センサスですが、これには学歴別や地域別、業種別などより細かなものもあるので、それを使用することでより正確な逸失利益が求められることになります。この場合ですと被害者は大学生なので上の額よりも大きくなるでしょう。