過失割合が7割未満なら自賠責は減額されない

交通事故は加害者が一方的に悪いわけではなく、被害者にも原因がある場合があります。その場合、加害者と被害者とで8対2など過失割合を決め、その後の損害賠償の際に被害者の過失分を減額することになり、これを過失相殺(かしつそうさい)と言います。

自賠責保険でも被害者に過失がある場合、補償額を減額しますが、過失割合をそのまま適応するのではなく、過失割合に対して減額率を定めています。

被害者がケガをした場合

被害者の過失割合 減額率
7割未満 0%
7割以上10割未満 20%

被害者が死亡または後遺障害が残った場合

被害者の過失割合 減額率
7割未満 0%
7割以上8割未満 20%
8割以上9割未満 30%
9割以上10割未満 50%

以上のように被害者の過失割合が7割未満の場合、全く減額されません。自賠責保険は被害者の身体的な損害を最低限補償することにより救済するものなので、このようになっているのだと思います。

そもそも5割を超えた段階で被害者と呼べないようにも思いますが…

ただこれはあくまで自賠責保険でのことで任意保険では過失割合をそのまま適応しますので、場合によっては任意保険分は全くでないこともあります。

任意保険分が出ないケース

交通事故により負傷し、損害が200万円、被害者の過失が6割だった場合。

自賠責保険の補償限度額はケガの場合120万円で過失は7割未満のため減額されず、120万円補償されます。このあと自賠責で保障されない80万円を任意保険が保証しますが、任意保険では先に全体の損害から被害者の過失分を減額するので、200万円から60%減額し、そこから自賠責で支払われた120万円を引くので

200万円 × (1 – 0.60) – 120万円 = -40万円

とマイナス(保険金の過払い)になるので、任意保険からは保険金はでません。

加害者に全く過失がない場合

センターラインを越えて反対車線に出てトラックと正面衝突して死亡した場合など、事故によっては被害者の過失が10割になることがあります。その場合は自賠責保険も一切補償されません。