死亡事故の慰謝料の計算方法

死亡事故の慰謝料は事故によってでた金銭的被害以外の肉体的、精神的苦痛に対しての補償です。
計算には「被害者の事情」と「加害者の事情」を考慮して、総合的に判断します。

考慮される内容

被害者の事情

  • 年齢
  • 性別
  • 既婚・未婚
  • 職業
  • 生活環境
  • 家庭環境

加害者の事情

  • 年齢
  • 職業
  • 被害者に対しての誠意

これらを総合的に判断して計算しますが、といっても色々あるので、ある程度定額化されていて、「弁護士会の基準」「自賠責保険の基準」「任意保険の基準」とそれぞれあります。

弁護士会の基準

被害者の年齢と家族構成から、死んだ被害者の立場によって変わります。

一家の大黒柱 2500万円~3000万円
主婦 2200万円~2500万円
その他 2000万円~2400万円

自賠責保険の基準

遺族の人数によって変わります。
この場合の遺族は被害者の

  • 父・母
  • 配偶者

で被害者の兄弟は含まれません。

被害者本人 350万円
遺族1人 500万円
遺族2人 600万円
遺族3人以上 700万円
被害者に扶養家族あり 200万円

遺族3人で扶養家族ありだった場合
350+700+200=1250万円
となり弁護士会基準の約半分になってしまいます。

任意保険の基準

保険会社によって様々ですが自賠責保険と変わらない額を提示されることが多いです。
なぜなら保険会社は自賠責で足りない部分をカバーするのが仕事であり、自賠責の補償範囲であるうちは一銭も払わなくていいからです。

まとめ

必ず弁護士をたてて戦いましょう。
最終的には裁判官の判断になりますが、その判例の蓄積によって弁護士会の基準が作られているのだから。

傷害事故の慰謝料の計算方法