信号の無い同一道路の直進車と右折車の過失割合

交通事故での過失割合は過去の裁判の判例の蓄積により、ある程度パターン化されていてだいたい決まっています。ここでは信号機の無い交差点で同じ道路上の直進車と対向車線の右折車との接触事故についてみていきましょう。

信号の無い同一道路の直進車と右折車の過失割合

基本になる過失割合

この場合は直進車Aの過失が20%、右折車Bの過失が80%です。

ここに事故の細かな要素を追加して最終的な過失割合を計算します。

過失修正要素

  • 車Bの徐行無し…… -10%
  • 車Bの直近右折…… -10%
  • 車Bの早回り右折…… -5%
  • 車Bの大回り右折…… -5%
  • 車Bの既右折…… +20%
  • 車Bの指示器表示無し…… -10%
  • 車Bが大型車…… -5%
  • 車Bの著しい過失…… -10%
  • 車Bの重過失…… -20%
  • 車Aの15キロ以上の速度違反…… +10%
  • 車Aの30キロ以上の速度違反…… +20%
  • 車Aの著しい過失…… +10%
  • 車Aの重過失…… +20%

車Aから見た修正割合です。

用語解説

直近右折
直進車の直前で右折すること
早回り右折
交差点の中央まで行かずに、中央より手前をショートカットするような右折
大回り右折
交差点の中央より奥で右折する、軌道が大きく外側に開いた右折
既右折
右折車が既に右折を完了している、もしくはそれに近い状態のこと。右折の完了の定義は右折車の車体が新しい進行方向に向き終わっている状態
著しい過失
携帯電話使用などの軽めの違反
重過失
無免許運転のような重い違反

信号機のない交差点で同じ道路上の直進車Aと対向車線の右折車Bとの接触事故で、車Aは15キロオーバーで車Bは大型車で運転手は携帯電話を使用していた場合。

基本の過失割合は20:80。15キロオーバーで+10%、大型車で-5%、携帯電話使用で著しい過失-10%

20% + 10% – 5% – 10% = 15%

で直進車Aの過失が15%、右折車Bの過失が85%になります。