T字路での車同士の接触事故の過失割合2種類

T字路で起きた車同士の接触事故の場合、過失割合は車の進行方向のパターンによって大きく2種類に分かれます。

そこからスピード超過などのその他の要素を考慮して最終的な過失割合にいたります。

直線道路の直進車Aと突き当たり道路からの右左折車B

直線道路の直進車Aと突き当たり道路からの右左折車Bの接触事故

この場合は車Aの過失が30%、車Bの過失が70%です。直進車が優先ということですね。

直線道路からの右折車Aと突き当たり道路からの右折車B

直線道路からの右折車Aと突き当たり道路からの右折車Bの接触事故

この場合は車Aの過失が40%、車Bの過失が60%です。直線道路が優先というより、左方優先の原則からでしょうか。信号の無い交差点では左側の車が優先という原則があり、車Bから見て車Aは左側にあるため、このような過失割合なのかもしれません。

その他の要素

この状況で考えられる他の要素は、速度違反、早回り右折、大回り右折、右折禁止場所での右折、車既右折、相手車の明らかな先入です。

車既右折とは右折車が既に右折を完了している、もしくはそれに近い状態のことです。この右折の完了の定義は右折車の車体が新しい進行方向に向き終わっている状態を指します。

相手車の明らかな先入とは、交差点にどちらが先に入ったかです。「明らかな」とありますので、微妙な差は含まれません。

以上、これらの要素はそれぞれ5%~20%ほどの値をもっていて、上記の基本的な過失割合に加算されて最終的な過失割合を計算します。