信号機の無い交差点での右折車同士の過失割合

交通事故における過失割合は過去の裁判の判例の蓄積によりパターン化され計算方法が決まっています。ここでは信号機の無い交差点での右折車同士の接触事故についてみていきましょう。

右折車同士の接触事故

右折車同士の接触事故

この場合は車Aの過失が60%、車Bの過失が40%です。車Aと車Bは同じ条件にも関わらずなぜ過失割合が違うのかというと、道交法には「左方優先の原則」というものがあり、交差点では左側の道の車が優先されるからです。ここでは車Bは車Aの左側にあり、車Bの方が優先であり、車Aの過失が大きくなっています。

この基本の過失割合にスピード違反などの細かい要素を追加して最終的な過失割合を出します。

代表的な追加要素

  • 徐行なし
  • 右折禁止
  • 速度違反
  • 車既右折
  • 相手車の明らかな先入
  • 車Aの大回り右折
  • 車Bの早回り右折

車既右折とは右折車が既に右折を完了している、もしくはそれに近い状態のことです。この右折の完了の定義は右折車の車体が新しい進行方向に向き終わっている状態を指します。

相手車の明らかな先入とは、交差点にどちらが先に入ったかです。「明らかな」とありますので、微妙な差は含まれません。

大回り右折とは右折の軌道が大きく外側に膨らむ右折で、早回りはその反対に内側にショートカットするような右折のことです。

それぞれの要素は5%~20%ほど過失が上昇し、基本的な過失割合に加算して最終的な過失割合を計算します。