道路外からの侵入車との接触事故の過失割合

直線道路を進行中、お店などの道路外から合流してくる車と接触した事故の場合の過失割合について解説します。

道路外からの侵入車との接触事故

基本の過失割合

交通事故の過失割合は過去の裁判の判例からある程度パターン化されて決まっています。この場合の基本の過失割合は、車Aの過失が20%、車Bの過失が80%です。ここから細かな状況により増減します。

修正要素

スピード違反などの細かな要素を基本の過失割合に追加して最終的な過失割合を出しますが、この細かな要素のことを「修正要素」といいます。

この場合の修正要素

大きく分けて9つほど考えられます。

  • 幹線道路…… -5%
  • 車Bの徐行無し…… -10%
  • 車Bの著しい過失…… -10%
  • 車Bの重過失…… -20%
  • 車Bの頭出し待機…… +10%
  • 車Aの15キロ以上の速度違反…… +10%
  • 車Aの30キロ以上の速度違反…… +20%
  • 車Aの著しい過失…… +10%
  • 車Aの重過失…… +20%

車Aから見た過失割合です。

幹線道路とは歩道と車道の区別があり、車道の幅が14メートル以上で対向車とのすれ違い時に減速しなくていいような大きな道路のことです。

著しい過失とは携帯使用などのことで、重過失とは無免許運転のような重いものです。

幹線道路を15キロオーバーで走っていた車Aと道路外から頭出し待機して侵入してきた車Bとの接触事故の場合。基本の過失割合が20:80で、幹線道路なので-5%、15キロオーバーなので+10%、車Bが頭出し待機していたため+10%となり

20% – 5% + 10% + 10% = 35%

で車Aの過失が35%、車Bの過失が65%になります。