Uターンした車と直進車との接触事故の過失割合

交通事故が起きた場合、互いの損害を賠償する際に過失割合というものをつくり、どちらにどの程度の過失があったのかを決め、それを元に賠償金額を決めます。ここではUターンした車と直進車の接触事故の過失割合を見てみましょう。

両車の過失割合はUターンした車の方が過失は大きいですが、Uターン中かUターン終了直後かによって少し変わります。

Uターン中の車と直進車の場合

Uターン中の車と直進車の接触事故

この場合は車Aの過失が20%、車Bの過失が80%です。

Uターン終了直後の車と直進車の場合

Uターン終了直後の車と直進車の接触事故

この場合は車Aの過失が30%、車Bの過失が70%です。

過失修正要素

上記の2つは基本的な過失割合で、ここから事故の細かな状況によって両車の過失を修正します。これを過失修正要素と言います。このタイプの事故の場合、過失修正要素はだいたい以下のようなものです。

  • 転回危険場所…… -10%
  • 転回禁止場所…… -20%
  • 車Bの合図無し…… -10%
  • 車Bの著しい過失…… -10%
  • 車Bの重過失…… -20%
  • 車Aの15キロ以上の速度違反…… +10%
  • 車Aの30キロ以上の速度違反…… +20%
  • 車Aの著しい過失…… +10%
  • 車Aの重過失…… +20%

車Aから見た修正割合です。

著しい過失とは携帯使用などのことで、重過失とは無免許運転のような重いものです。

直線道路を15キロオーバーで走行中の車Aと、その前を走っていてUターンし始めた車Bとの接触事故の場合。Uターン中なので基本の過失割合は20:80になり、15キロオーバーなので+10%され

20% + 10% = 30%

で車Aの過失が30%、車Bの過失が70%になります。