信号の無い交差点でバイクと車の過失割合6通り

信号機の無い交差点でバイクと車が接触事故を起こした場合の過失割合は、バイクと車のどちらが左側にあったかで2パターン、さらに減速の有り無しで3パターンに分かれるため、全部で6パターンになります。

基本的に車のほうが過失が大きくなります。また、道交法には「左方優先の原則」というものがあり、交差点では左側の道にいる方が優先されます。

バイク左側、車右側の場合

バイク左側、車右側の接触事故

  • 両方が減速した、もしくはしなかった…… バイク30%、車70%
  • バイクは減速し、車は減速しなかった…… バイク10%、車90%
  • バイクは減速せず、車は減速した…… バイク50%、車50%

バイク右側、車左側の場合

バイク右側、車左側の接触事故

  • 両方が減速した、もしくはしなかった…… バイク50%、車50%
  • バイクは減速し、車は減速しなかった…… バイク30%、車70%
  • バイクは減速せず、車は減速した…… バイク60%、車40%

過失修正要素

上記の基本の過失割合から、事故の細かな状況をふまえて修正します。これを過失修正要素と言い、この場合の修正要素は以下の5つです。

  • 見通しのきく交差点…… -10%
  • 車の著しい過失…… -10%
  • 車の重過失…… -20%
  • バイクの著しい過失…… +10%
  • バイクの重過失…… +20%

バイクから見た修正割合です。

見通しのいい交差点の場合、車が少し不利になります。著しい過失とは携帯電話使用などのことで、重過失とは無免許運転のような重いものです。

信号機の無い見通しのいい交差点でバイクと車が接触事故を起こし、バイクが左側の道、車が右側の道を走っていて両者とも減速した場合。基本の過失割合が30:70。見通しのいい交差点なので-10%になり

30% – 10% = 20%

でバイクの過失が20%、車の過失が80%になります。