片方が優先道路の交差点でのバイクと車の過失割合

信号機の無い交差点で片方の道路が優先道路になっている交差点での、バイクと車の接触事故の過失割合についてみていきます。

バイク側が優先道路の場合と、車側が優先道路の場合とで基本的な過失割合が決まり、そこに事故の細かな状況を加えた過失修正要素を追加して最終的な過失割合を出します。

バイク側の道が優先道路の場合

バイク側の道が優先道路の場合の接触事故

この場合はバイクの過失が10%、車の過失が90%です。

過失修正要素

  • 車の著しい過失…… -5%
  • 車の重過失…… -10%
  • バイクの著しい過失…… +10%
  • バイクの重過失…… +20%
  • 車の明らかな先入…… +10%

バイクから見た修正割合です。

著しい過失とは携帯電話使用などのことで、重過失とは無免許運転のような重いものです。

車側の道が優先道路の場合

車側の道が優先道路の場合の接触事故

この場合はバイクの過失が70%、車の過失が30%です。

過失修正要素

  • バイクの著しい過失…… +10%
  • バイクの重過失…… +20%
  • 車の著しい過失…… -10%
  • 車の重過失…… -20%
  • バイクの明らかな先入…… -20%

バイクから見た修正割合です。

信号機の無い交差点でバイクと車が接触事故を起こし、車側の道が優先道路であったが、バイクの方が交差点に明らかに先に入っていた場合。基本の過失割合が70:30。バイクの明らかな先入なので-20%

70% – 20% = 50%

でバイクの過失が50%、車の過失が50%になります。