信号機がある交差点でのバイクと車の過失割合5通り

信号機がある交差点でバイクと車が接触事故を起こした場合、それぞれの信号の状態により、基本的な過失割合は5パターンに分かれます。

  • バイクが青、車が赤
  • バイクが赤、車が青
  • バイクが黄、車が赤
  • バイクが赤、車が黄
  • 両方ともが赤

バイク側の信号が青、車側が赤だった場合

バイク側の信号が青、車側が赤だった場合の接触事故

この場合はバイクの過失が0%、車の過失が100%です。

バイク側の信号が赤、車側が青だった場合

バイク側の信号が赤、車側が青だった場合の接触事故

この場合はバイクの過失が100%、車の過失が0%です。

バイク側の信号が黄色、車側が赤だった場合

バイク側の信号が黄色、車側が赤だった場合の接触事故

この場合はバイクの過失が10%、車の過失が90%です。

バイク側の信号が赤、車側が黄色だった場合

バイク側の信号が赤、車側が黄色だった場合の接触事故

この場合はバイクの過失が70%、車の過失が30%です。

両方ともの信号が赤だった場合

両方ともの信号が赤だった場合の接触事故

この場合はバイクの過失が40%、車の過失が60%です。

過失修正要素

上記の基本的な過失割合の他に、事故が起きたときの細かな状況を付加する、過失修正要素というものがあります。この場合考えられる修正要素は以下6つです。

  • 車の著しい過失…… -10% ~ -20%
  • 車の重過失…… -20% ~ -30%
  • バイクの著しい過失…… +5% ~ +10%
  • バイクの重過失…… +10% ~ +20%
  • 車の明らかな先入(両方の信号が赤の場合に限る)…… +15%
  • バイクの明らかな先入(両方の信号が赤の場合に限る)…… -15%

バイクから見た修正割合です。

著しい過失とは携帯電話使用などのことで、重過失とは無免許運転のような重いものです。

この過失修正要素を上の過失割合に追加して最終的な過失割合を計算します。

信号機のある交差点でバイクと車が接触事故を起こし、バイク側、車側、両方ともの信号が赤で、バイクの方が明らかに交差点に入るのが早かった場合。基本の過失割合が40:60。バイクの明らかな先入により-15%

40% – 15% = 25%

でバイクの過失が25%、車の過失が75%になります。