交通事故で示談がまとまらない時にすること

交通事故で相手が示談に応じなかったり、示談がまとまらなかった場合、裁判よりも簡単な「調停」というものがあります。
申し込み費用も裁判の半分程度ですし、弁護士をつける必要もないのでオススメです。

調停とは裁判のように法廷で争うのではなく、調停委員という法律の専門知識を持った人に間に入ってもらって話をまとめることです。
その結果、合意にいたれば調停調書というものを発行してもらえて、これには裁判の判決と同じだけの効力があり、相手が示談金支払いを拒んだりすれば、強制的に財産の差し押さえができます。

でも裁判と違って調停委員には「判決をくだす」といった強制力がないため、話し合いの結果合意にいたらない場合もあります。
その場合は訴訟を起こして裁判するしかないですね。

ですので調停とは、あくまで裁判の一歩手前で法律の専門家に手伝って貰って示談をまとめるものという認識でいいと思います。

調停する方法

調停するには裁判所に申し込みをします。「申し込み」というより「申し立て」と言う方が正しいですね。
申し立てをする裁判所は簡易裁判所か地方裁判所です。
自分もしくは相手方の住んでいる所の管轄の裁判所が好ましいです。

そこで調停申立書を作成して提出します。
その際の費用は希望賠償金の額によって変わります。

希望賠償金 申し立て費用
50万円 2800円
100万円 5300円
300万円 13300円
決まっていない場合 5050円

そして調停委員の立会いのもとで話し合いすることが出来ます。